改善する方法 | 足に負担がかかってしまう症状である外反母趾の治療方法

改善する方法

外反母趾を予防し、改善する方法を見つけ出すことは、現在外反母趾の治療中であるという人も知っておいた方が良いことである。
仕事柄先の尖ったハイヒールを履かなければならない人であれば、せっかく手術などで外反母趾の治療を行ったとしても、生活習慣によって再び外反母趾が引き起こされることにもなってしまう。
まずは靴選びから始め、運動などで治療を行なう方法を見つけることが大事である。
そもそも外反母趾にかからないように気をつければ、痛みを感じることもなく、手術費用も捻出する必要もない。
靴は先が尖った5センチ以上のハイヒールが最も症状を引き起こす原因となるので、必要なとき以外はヒールを履かないことが推奨される。
常に履き続け、圧力をかけるのが負担をかける要因なので、TPOに合わせて別の靴と組み合わせて履き替えることが大事である。

ヒールをどうしても履かなければならないときにも、選び方に気をつければ外反母趾を予防できる。
足が前に滑りにくい素材が中敷きに使われている靴であれば、外反母趾を引き起こさずに済む。
また、足に合ったものが外反母趾の治療には最適なので、なるべく夕方にピッタリとしたものを選ぶとよい。
夕方は足が浮腫みやすいが、この時間の足に合わせれば、どんな足の状態にも合うということである。
足の大きさが合っていても、幅が合わないこともある。
このとき、幅広の足の人はウィズを合わせて選ぶと足を締め付けない。
治療後にも運動療法などで外反母趾を予防することができ、手で親指を意識的に足の内側に曲げる運動を繰り返すと外反母趾予防になる。