原因を作るもの | 足に負担がかかってしまう症状である外反母趾の治療方法

原因を作るもの

外反母趾になってしまう要因としては、内的要因と外的要因が挙げられる。
こういった原因を正確に知らなければ、治療を完全に行なうことができない。
完全に治療する、または予防するためには、自分の足がどのような状態にあるのかを把握する必要がある。

外反母趾の要因である、外的要因は、合わない靴である。
窮屈な靴やヒールは、外反母趾治療の大敵であることはよく知られている。
逆に、大きすぎる靴も治療には向かないので気をつけた方が良い。
靴は、特に先の細いハイヒールが外反母趾の原因となる。
人間の体重は思ったよりも重いので、先の細いハイヒールでつま先に体重がかかり続けると、足の変形を引き起こすのである。
また、大きすぎる靴を履いていても、つま先に影響がある。
大きすぎる靴を履くことで引き起こされる外反母趾は、ハンマートゥ外反母趾である。
大きい靴を無理に履くことで、足先を踏ん張ることで、横に弓なりになっていたアーチが平らになってしまうのである。

ハイヒールは女性が多く履くので、整形外科では女性が外反母趾の治療を行なう数は、男性よりも圧倒的に多いとされている。
正確には証明されていないが、女性は関節が柔らかいので外反母趾を発症しやすいともいわれている。
遺伝的要因も証明されていないが、足の形は遺伝するものなので、もし母親が外反母趾であれば、その子どもも外反母趾を発症することがありうる。
男性でも、関節が柔らかく、立ち仕事が多い人は注意した方が良い。